おすすめ情報|案内広告ポータルサイト

案内広告ポータルサイト
おすすめ情報

土地家屋調査士は法務省管轄の不動産系の国家資格であり、主な業務としては他人の依頼を受けて土地及び家屋の測量をして、不動産の表示の登記をする仕事です。不動産の表示の登記は土地や建物の位置や形状を正確に登記する必要があるので、建物を新築した時などは業務を依頼することになります。土地家屋調査士の試験は土地家屋調査士法や民法、不動産表示登記法などの法律科目と製図を含んだ登記申請書の作成をする書式問題などが出題されています。

また、測量に関する知識を問う筆記試験も出題されています。測量に関する知識を問う筆記試験に関しては一級建築士や測量士などの資格を持っている場合には試験が免除されます。また、筆記試験合格者は口述試験を受験することになり、口述試験に合格すれば資格を取得することが出来ます。試験の合格率は10%以下となっており、難関資格の一つとなっています。

土地家屋調査士試験に合格後、業務を実際に行うには日本土地家屋調査士会連合会の名簿に登録されることが必要となります。従来の業務の他に、法務大臣の認定講習を受けることで土地の筆界に関する民間紛争解決手続業務を行うことが出来るようになります。独立開業をして業務を行っている人には司法書士や行政書士などを取得している人も多くなっています。